松野博一官房長官は14日の記者会見で、新型コロナウイルスの水際対策として実施している外国人の新規入国の原則停止について、日本人らの外国籍家族の入国も柔軟に認める姿勢を示した。
 松野長官は「これまでも人道的な配慮が必要な場合などには入国を認めてきている。家族が離れ離れの状態で、一緒に暮らす必要性が認められる外国籍配偶者らについても、個別の事情を勘案しつつ対応していく」と述べた。 (C)時事通信社