厚生労働省は14日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者について、待機期間をこれまでの14日間から10日間に短縮した。社会活動を支える「エッセンシャルワーカー」に限り、感染者との接触から6日目の検査で陰性だった場合は、自治体判断で解除できる。厚労省が同日、各自治体に事務連絡を出した。
 濃厚接触者は自宅や宿泊施設で14日間の待機を求められ、就業も制限されている。変異株「オミクロン株」の感染急拡大で、医療や介護、小売りなどの現場で働くエッセンシャルワーカーの濃厚接触者が増えると、社会活動の維持が困難になると指摘されていた。
 国立感染症研究所の報告によると、オミクロン株の潜伏期間は3日程度と従来株より短く、99%が10日以内に発症していた。政府はこうした知見などを踏まえ、期間短縮を決定した。 (C)時事通信社