大阪府の吉村洋文知事は14日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、病床使用率が35%になった時点で特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を国に求める考えを示した。50%に達すれば緊急事態宣言の発令要請を検討する。吉村氏は府庁で記者団に「感染の急拡大を抑えるためにも、一人ひとりの感染対策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けた。
 14日時点の病床使用率は21.5%。 (C)時事通信社