【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は14日、バイデン大統領が就任1年に当たり、19日に公式記者会見を開くと発表した。超党派で成立させたインフラ投資法などこの1年の成果をアピールし、新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みや、大型歳出法案を含む未達成の公約実現を訴えるとみられる。 (C)時事通信社