国立がん研究センターがん対策研究所のグループは、一般住民を対象に、動物性/植物性蛋白質および総蛋白質摂取量と肺炎死亡リスクとの関連を調査した結果をAm J Clin Nutr2021年12月16日オンライン版)に発表した。女性では、総エネルギー摂取量に対する総蛋白質摂取量の割合が高いほど、肺炎死亡リスクが低かったという。

対象は健康な一般住民8万3,000人超

 同グループは、これまで総エネルギー摂取量に対する総蛋白質および動物性蛋白質の摂取量割合と死亡との間に明らかな関連は見られず、総エネルギー摂取量に対する植物性蛋白質の摂取量割合が高いほど死亡リスクが低いことを報告している(JAMA Intern Med 2019; 179: 1509-1518)。しかし、日本人高齢者の死因で上位となる肺炎死亡リスクについては、蛋白質摂取量との関係はよく分かっていない。そこで、多目的コホート研究において、動物性/植物性蛋白質および総蛋白質摂取量と肺炎死亡リスクとの関連について調査した。

 対象は、1990年と93年に岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の11保健所(呼称は2019年現在)管内に在住していた40~69歳の住民のうち、研究開始から5年後に行った食事調査に回答し、がん、循環器疾患、腎疾患糖尿病に罹患していなかった8万3,351人とした。

 その食事調査の結果を用いて、男女別に動物性/植物性蛋白質、総蛋白質摂取量について、総エネルギー摂取量に対する割合を算出。蛋白質の割合が低い順に四分位に分類し、最も低いグループを基準とし、それ以外のグループの肺炎死亡リスクを算出した。

男性では関連見られず-喫煙、飲酒などが影響か

 平均18.4年の追跡期間中に、990例(男性634例、女性356例)が肺炎で死亡した。 年齢、地域、体格、喫煙状況、アルコール摂取量、余暇の身体活動量、降圧薬服用の有無、コーヒー・緑茶の摂取頻度、総エネルギー摂取量、閉経の有無、さらに総エネルギー摂取量に対する脂肪酸摂取量の割合などを調整して解析した結果、男性では総蛋白質の摂取量割合と肺炎死亡リスクに有意な関連は認められなかったが、女性では総蛋白質摂取量割合が高いほど肺炎死亡リスクが低かった。また、動物性/植物性蛋白質摂取量の割合を見ると、男女とも肺炎死亡リスクとの間に有意な関連は認められなかった()。

図. 総エネルギー摂取量に対する蛋白質摂取量の割合と肺炎死亡リスクの関連 

34892_fig01.jpg

(国立がん研究センタープレスリリース)

 女性で総蛋白質摂取量の割合が高いほど肺炎死亡リスクが低かった一方、男性ではこのような傾向が認められなかったことについて、同グループは、「男性では全体的に蛋白質摂取量の割合が女性より低かったことや、喫煙や飲酒といった生活習慣の影響が大きかったことと関係している可能性がある」と指摘。さらに、「高齢者では蛋白質摂取量が多いと肺機能が高い、また栄養失調が免疫低下につながるとの報告があることから、総エネルギー摂取量に対する総蛋白質摂取量の割合が低下しないよう維持することが、肺炎死亡リスクの低下と関係する可能性がある」と述べている。   

(編集部)