国内では16日、新たに2万5658人の新型コロナウイルス感染者が確認された。新規感染者が2万5000人を上回るのは2日連続。死者の報告はゼロだった。厚生労働省によると、全国の重症者は前日から2人増えて235人となった。
 鳥取県では、過去最多となる51人の感染が確認された。福岡県は1290人で、「第5波」のピークだった昨年8月を上回って過去最多。大阪府(3760人)や兵庫県(1343人)、広島県(1280人)などでも前日に続き最多を更新した。
 東京都は4172人で、1日当たりの感染者は前週日曜日(1223人)の約3.4倍に増えた。新規感染者の年代別では、20代が1477人で最も多く、30代の661人が続いた。都基準による重症者は5人で、前日から1人増えた。 (C)時事通信社