テニスの全豪オープン主催者は16日、男子シングルス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)のビザを取り消したオーストラリア政府の決定を支持する連邦裁判所の判断について、「尊重する」との声明を出した。男子プロテニス選手協会(ATP)も「司法当局の決定は尊重されなければならない」と同調した。
 ジョコビッチは新型コロナウイルスのワクチンを接種していないため、結局は全豪出場の道を断たれた。ATPは「引き続き、全ての選手にワクチン接種を強く推奨する」と表明した。 (時事)(C)時事通信社