岸田文雄首相は16日、首相公邸で後藤茂之厚生労働相、山際大志郎経済再生担当相らと会い、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大への対応を協議した。関係者によると、東京都にまん延防止等重点措置を適用する可能性やそのタイミングについて話し合った。
 会談では、東京都とともに埼玉、千葉、神奈川3県に適用する案も議論された。緊急事態宣言に準じた対応が可能になる重点措置をめぐり、東京都の小池百合子知事は、病床使用率20%で適用を国に要請する考えを示している。 (C)時事通信社