米製薬大手メルクの日本法人MSDとキョーリン製薬ホールディングスは17日、メルクの新型コロナウイルス治療薬「モルヌピラビル」について、日本国内における共同販促契約を締結したと発表した。医療機関に対し、MSDとキョーリンHDのMRが共同で情報提供などを行う。 (C)時事通信社