日本サッカー協会は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国戦(27日、埼玉スタジアム)とサウジアラビア戦(2月1日、同)の来場者に対し、新型コロナの陰性証明を求めるなどの入場条件を設けると発表した。これに伴い、チケットの払い戻しにも応じる。
 来場が認められるのは、2回目のワクチン接種から2週間が経過している場合と、72時間以内のPCR検査か、24時間以内の抗原検査で陰性が確認された場合のみ。
 サウジアラビア戦のキックオフ時間を25分繰り上げ、午後7時10分に変更することも発表された。 (C)時事通信社