【ロンドン時事】ジョンソン英首相が新型コロナウイルス流行を受けたロックダウン(都市封鎖)中の2020年5月、首相官邸で規則違反の疑いのあるパーティーに出席していた問題で、カミングス元官邸上級顧問は17日、首相に対し、パーティーが飲酒を伴う集まりであり、「どんちゃん騒ぎ」に参加すべきでないと警告していたと証言した。
 パーティーは5月20日に官邸の庭で行われた。首相は今月12日の議会で、25分間出席したことを認めたが、「仕事のイベントだと思った」と釈明していた。カミングス氏は首相が警告を一蹴したなどとオンライン上で暴露。「他の一連のイベントはともかく、20日の一件で首相は議会にうそをついたということだ」と非難した。
 これに対し首相は18日、BBCテレビに「誰もそれがルール違反だと警告しなかった」と述べ、カミングス氏の主張を否定した。 (C)時事通信社