防衛省は18日、自衛隊が行う新型コロナワクチンの大規模接種について、昨年同様東京と大阪に会場を開設し、東京では1月31日から接種を始めることを決めた。大阪は2月7日に開始予定。会場の都合で、接種可能な人数は1日計約3千人と、昨年の約5分の1となる。
 予約はインターネットと電話などで受け付け、東京が28日から、大阪は2月4日から開始する予定。詳細は後日発表する。2回目接種から6カ月以上経過した18歳以上の3回目接種のみが対象で、居住地域の制限はない。ワクチンは米モデルナ製を使用する。 (C)時事通信社