神戸大の研究グループは18日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種で、変異株「オミクロン株」を不活化する中和抗体の量が増えることが確認されたと発表した。同株に対する3回目接種の効果を示す研究発表は国内初という。
 昨年12月上旬に米ファイザー製ワクチンの3回目接種を受けた神戸大の20~60代の医師65人を今月調査。2回目接種の半年後に5%だったオミクロン株に対する中和抗体の保有率が、3回目接種の2週間~1カ月後に100%に上り、抗体の量を示す数値も3回目接種によって平均で64倍増えた。 (C)時事通信社