2月5日から始まる「さっぽろ雪まつり」について、札幌市などで構成する実行委員会は19日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、大通公園に会場を設けず、オンライン形式で開催すると発表した。オンライン開催は、史上初となった昨年に続き2回目。
 市によると、人が集まりにくい場所に高さ3メートル程度の雪像を1基作り、制作風景などをインターネットで配信する予定。 (C)時事通信社