国内では19日、新たに4万1485人の新型コロナウイルス感染が確認された。前日の感染者数より9200人以上増加。1日当たりの感染者として初めて4万人を超え、2日連続で最多を更新した。重症者は前日比20人増の281人、死者は15人だった。
 東京都は、新たに7377人の新型コロナ感染を確認。これまで最多だった昨年8月13日の5908人を上回り、初めて7000人を超えた。
 都内の新規感染者は昨年10月中旬以降、100人未満で推移していたが、年明けから急増。今月8日に1000人を超えると、12日に2198人、13日に3124人、14日に4051人と増加し、18日は5185人に上っていた。
 大阪府でも過去最多となる6101人の感染が判明し、初めて6000人を超えた。府内の新規感染者は今月1日(70人)と比べ、約87倍に急増している。
 このほかに北海道(1170人)、新潟(440人)、長野(382人)、静岡(877人)、兵庫(2514人)、福岡(2208人)など計28都道府県で過去最多となった。
 また大阪府は、8日に死亡した80代男性について、変異株「オミクロン株」に感染していたと発表した。同株感染者の死亡が判明したのは府内で初めて。 (C)時事通信社