日本医師会の中川俊男会長は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受け、「医療従事者にも感染が広がり、医療の提供を制限せざるを得ない状況も生じている」と述べ、危機感を示した。「軽症が多いという報告はあるものの、危険な感染症に変わりはない」とも訴えた。
 中川氏は「重症化率が低いとしても、感染者が爆発的に増加すれば、重症者の増加につながる」と指摘。高齢者ら重症化リスクが高い人への配慮などが必要だとした上で、「経済の再活性化と感染拡大防止の両立を本格的に目指す段階に入った」と述べた。 (C)時事通信社