日本政府観光局が19日発表した2021年の訪日外国人数は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入国規制が響き、24万5900人と統計を始めた1964年(35万2800人)を下回る最低を記録した。コロナ禍の影響がなかった19年と比べると99.2%減で、訪日客がほぼ消失した格好。感染拡大は当面収まる兆しがなく、早期回復は見通しづらい状況だ。
 コロナ禍の影響で訪日客数が春以降に急減した20年と比べても94.0%減だった。
 21年は1月に4万6500人と比較的高水準で始まったが、入国規制の強化を受けて2月は7000人台に急減。東京五輪が始まった7月は選手やスタッフらの入国で5万人を超えたものの、秋以降は月2万人前後に鈍化した。 (C)時事通信社