後藤茂之厚生労働相は19日、新型コロナウイルス対策をめぐり全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)らとテレビ会議で意見交換した。後藤氏は、自宅で療養する軽症者らの健康観察などの支援体制について「万全を期すよう改めてお願いしたい」と要請。平井氏は協力姿勢を示した。
 後藤氏は「今後、増大する在宅療養への対応力をさらに強化するため、抗原検査キットなどの増産に取り組みたい」と表明。知事会に対し、高齢者施設でのクラスター(感染者集団)対策や、ワクチン接種への協力も求めた。
 平井氏は会議後、記者団の取材に応じ、変異株「オミクロン株」の特徴について「急激に(感染者数の)カーブが上がってくる」と指摘。「在宅での療養者が加速度的に増え、最大の受け皿になるだろう。そこを守り切るのが最低限の戦略ではないか」との認識を示した。 (C)時事通信社