新型コロナウイルスワクチンをめぐり、岸田文雄首相が3回目の接種を米モデルナ製とする方向で検討している。過去2回は米ファイザー製だったが、政府は「異種混合接種」を認めており、国民の間で副反応への拒否反応のあるモデルナ製を自ら接種することで、懸念払拭(ふっしょく)に努めたい考えだ。
 政府は医療従事者や高齢者以外に対する3回目接種の前倒しに備え、ファイザー製のほかにモデルナ製を追加で確保したが、「モデルナは嫌だと言って接種を受けない人が多い」(関係者)とされる。首相周辺は「首相が接種することで安全性をアピールしたい」と語る。 (C)時事通信社