任期満了に伴う山口県知事選が20日告示され、新人で新日本婦人の会県本部会長の千葉まり氏(68)=共産推薦、社民支持=と、3選を目指す現職の村岡嗣政氏(49)=自民、公明推薦=の無所属2人が立候補を届け出た。新型コロナウイルス対策や、2期8年間の村岡県政への評価が主な争点。投開票は2月6日。
 同県には新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」が適用中。千葉氏は予定していた集会をオンライン開催に切り替える。村岡氏は街頭演説などの選挙活動は行わず公務に専念する方針。 (C)時事通信社