北海道で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は1400人前後に上り、2日連続で過去最多を更新する見通しとなったことが20日、道関係者への取材で分かった。うち790人程度は札幌市で、同市の感染者も最多となる見込み。
 道内では19日、1170人の感染が確認され、1日当たりの感染者が初めて1000人を超えた。道によると、18日時点の病床使用率は15.8%で、右肩上がりが続いている。
 道は感染者の増加や病床使用率の上昇などを受け、21日に対策会議を開き、まん延防止等重点措置の要請について判断する方針だ。 (C)時事通信社