東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県知事は20日、新型コロナウイルス対策に関するテレビ会議を開いた。21日から「まん延防止等重点措置」が適用されるのを前に、小池百合子都知事は「都民県民に(対策徹底を)声を合わせて呼び掛けていきたい」と強調。感染の抑え込みに向けて4都県の連携を確認した。
 埼玉県の大野元裕知事は「若者は重症化しないとの認識を持っている人が少なからずいる」と述べ、若い世代への注意喚起が重要と指摘。千葉県の熊谷俊人知事も「今後、高齢者や基礎疾患を持つ人に感染の主体が移ったときに重症者が増える局面になる」と懸念を表明した。 (C)時事通信社