岸田文雄首相は20日の衆院本会議で、新型コロナウイルスの感染症法上の分類を季節性インフルエンザ相当に見直すことについて、「感染が急拡大している中で位置付けを変更することは現実的ではない」と否定的な考えを重ねて示した。ただ、「変異を繰り返す特質を考えた上で、今後、専門家の意見を聞きながら議論していきたい」とも語った。日本維新の会の馬場伸幸共同代表への答弁。
 新型コロナの検査体制について、首相は「無料で検査を受けられる体制を全国で確保している。必要な検査が着実に実施できるよう資材の安定供給に努めていく」と述べた。病床確保に強制力を持たせる感染症法改正案の提出を見送ったことに関しては「広く関係者と検討するには一定の期間が必要だ」と説明した。国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長への答弁。 (C)時事通信社