ヤクルトは20日、原樹理投手と育成の内山太嗣捕手が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。ともに発熱などの症状はない。
 ヤクルトでは18日に太田賢吾内野手の感染が判明したため、17、18日に埼玉県戸田市の球団施設を利用した選手や関係者にPCR検査を実施した。 (C)時事通信社