全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)と日本医師会幹部は20日、新型コロナウイルス対策をめぐりテレビ会議で意見交換した。政府分科会の尾身茂会長が「人流抑制より人数抑制が大事だ」と発言したことに関し、日医の釜萢敏常任理事は「外出の自粛などは必要ないと報道されているようだが、人と人との接触が感染の一番の場面だ」と述べ、改めて外出自粛を訴えた。
 平井氏も「知事からは困惑の声が上がっている」と、尾身氏に苦言を呈した。その上で、同氏に対し、発言の趣旨を明確にするよう申し入れる考えを示した。 (C)時事通信社