厚生労働省は20日、原則禁止されている医療機関への看護師らの派遣について、新型コロナウイルス感染者を受け入れる臨時の医療施設に限り来年3月末まで特例的に認める方針を労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の部会に示し、大筋で了承された。変異株「オミクロン株」の感染者急増に伴う措置で、看護師らの確保を図る。 (C)時事通信社