【ビジネスワイヤ】治療用抗体開発の米Dren・Bioは、がん治療薬開発で米ファイザーと提携したと発表した。提携で活用するDren・Bioの二重特異性抗体プラットフォームは、腫瘍細胞と骨髄系細胞の結合、免疫刺激、標的の貪食、腫瘍新生抗原の交差提示の潜在力を持つ。両社は臨床候補の選定までを共同で行い、その後の開発活動はファイザーが担当する。(C)時事通信社