厚生労働省は21日、5~11歳向けの米製薬大手ファイザー製新型コロナウイルスワクチンを特例承認した。厚労省の専門部会が20日、承認を了承していた。26日に開かれる分科会で、公費で行う「臨時接種」に位置付けられる見込みで、3月にも小児への接種が始まる。
 小児用ワクチンは、0.2ミリリットルを3週間間隔で2回投与する。接種する有効成分量は12歳以上の3分の1。対象となる小児は700万~800万人程度という。
 オミクロン株の流行前に行われた臨床試験(治験)では、2回目接種後7日以降の発症予防効果は90.7%あった。厚労省によると、オミクロン株の発症や重症化を防ぐ効果も一定程度期待できるが、従来株と比べ効果が薄い可能性がある。
 26日の分科会では、接種に努力義務を課すかについても審議される。オミクロン株の感染拡大で子どもの感染例は急増しているが、一般的に重症化はしにくいとも言われる。 (C)時事通信社