厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの陽性者が確認された高齢者施設での感染拡大防止などのため、看護師を派遣する医療機関への補助金を倍増すると発表した。後藤茂之厚労相は閣議後記者会見で「医療従事者確保の後押しとなることを期待している」と語った。
 看護師を高齢者施設に派遣した場合の補助単価は、これまで1人につき1時間当たり2760円だった。入所者が感染した施設への派遣については、5520円に引き上げる。9日にさかのぼって適用する。 (C)時事通信社