総務、厚生労働両省は21日、新型コロナウイルスワクチンについて、2月末までに3回目接種の時期を迎える高齢者らに対し、全市区町村の83.6%に当たる1456自治体が希望者への追加接種を終える見込みだと発表した。2月末までに終わらないと答えたのは、285自治体だった。
 都道府県別では青森、愛知、京都、広島、愛媛など21府県が2月末までに完了すると回答。終了予定の市区町村の割合が低かったのは、宮城(42.9%)、秋田(48.0%)、高知(55.9%)、北海道(57.5%)―など。 (C)時事通信社