【ロンドン時事】世界経済フォーラム(WEF)は21日、今年の年次総会(ダボス会議)を5月22~26日の日程でスイスで開催すると発表した。当初は1月に開く予定だったが、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大の影響で延期を決めていた。
 対面での開催は約2年半ぶりとなる。コロナ禍からの景気回復や気候変動対策、働き方の未来、株主以外の利害関係者にも配慮する「ステークホルダー資本主義」などが議題となる。 (C)時事通信社