【ワシントン時事】バイデン米政権は21日、中国の航空会社に対し、米国発中国行きの旅客機44便の運航を30日から停止すると発表した。来月初めに北京冬季五輪を控える中国当局が新型コロナウイルス感染拡大の懸念を理由に、米国など外国の航空会社による中国便の運航を厳しく制限したことに対抗する。
 中国当局はユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空が運航する中国便の一部を停止。コロナ封じ込めを徹底する中国の「ゼロコロナ」政策の一環とみられ、米運輸省は「公共の利益に反しており相応の措置が必要だ」と主張した。米国の措置の対象は、中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、厦門(アモイ)航空。 (C)時事通信社