【ソウル時事】韓国の情報機関・国家情報院は21日、国会情報委員会に対し、米国が国連を通じて北朝鮮に新型コロナウイルス6000万回分の支援を打診したと報告した。
 情報委の委員によれば、北朝鮮側は中国やロシア製のワクチンは信頼しておらず、米国製ワクチンの提供に関心を示した。ただ、これまで返答は得られていない。 (C)時事通信社