東京都の小池百合子知事は22日、都内で1日当たりの新型コロナウイルスの新規感染者が初めて1万人を超えたことに関し、「『いつ自分が感染してもおかしくない』という意識を共有すること、都民や事業者に(飲食店の時短営業など)さまざまなお願いを実行していただいて、何としてでも抑え込んでいく」と述べた。都庁内で記者団の取材に応じた。
 小池氏は「都としてコールセンターや(自宅療養者向けの)フォローアップセンターなど、いろいろな機能を着実に整備している。それらをご利用いただくことに尽きる」と呼び掛け、「ここは頑張っていきたい」と述べた。 (C)時事通信社