新型コロナウイルスの新規感染者が各地で連日最多を記録する中、新たに13都県にまん延防止等重点措置が適用されてから初の週末を迎えた22日、対象区域の行楽地では先行きを不安視する声が聞かれた。
 日本有数の観光地として知られる神奈川県の箱根。マスク姿の観光客はあちこちで見られ、箱根湯本駅前で土産物店を営む50代男性は「客足はコロナ以前に戻りつつある。またにぎやかな街が見られると良いな」と笑顔を見せた。一方、温泉旅館を営む男性は「今年に入って2月以降の予約キャンセルが少しずつ増えてきている。感染対策もしているのに、いつになったら収まるのか」と表情を曇らせた。
 正月三が日はにぎわいを見せた三重県の伊勢神宮。近くの「五十鈴茶屋」従業員、荒木洋之さん(54)は予想より多い参拝客に胸をなで下ろす一方、「感染者がここまで増えると仕方がない。(今後の営業)計画を修正しなければ」と明かした。タクシー運転手の出口達也さん(62)は「正月と比べ利用客が一気に減り、駅でお客さんを90分も待ったほどだ。(コロナ禍が)いつまで続くのか不安で、見通しがつかない」とこぼした。
 入場制限する千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートには待ちかねた様子の予約客が訪れ、スタッフが「前のグループと距離を取って」と呼び掛けていた。
 東京都内の20代姉妹は「本当は半年前に来る予定だった」と話す。当時はデルタ株が猛威を振るった第5波のさなか。延期したこの日は重点措置期間にぶつかり、「予約したし、(今回は)行こうと思った」と語った。来月入場予約したという男子高校生(16)は友人3人と一緒に園外のグッズ売り場を訪れた。第6波と度重なる措置に「もう切りがない」とうんざりした様子だった。 (C)時事通信社