北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は23日、外部との接触を遮断する「バブル」内の新型コロナウイルス検査で33件が陽性となったと発表した。今月4日から22日に計33万6421件の検査を実施し、そのうち選手団関係者の175件では陽性はゼロだった。
 また、同じ期間に実施した五輪関係者の空港到着時の検査では2586件中39件が陽性だった。 (時事)
(C)時事通信社