国内の新型コロナウイルス感染者は24日午前10時現在、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」乗船者を含め累計で218万1000人となった。1週間の新規感染者は29万5270人で、前週(11万8317人)の2.5倍に増えた。
 変異株「オミクロン株」の拡大に伴い、全国各地で感染者が増加。死者は1週間で78人増え、累計1万8522人となった。
 1週間に確認された新規感染者の都道府県別では、東京が5万5313人で最も多く、大阪(3万9823人)、神奈川(2万91人)などと続いた。首都圏などより早く9日からまん延防止等重点措置が適用されている沖縄は8220人で、増加幅は前週(9666人)から縮小した。
 死者は昨年12月以降、1週間当たり10人未満で推移していたが、前週(30人)から増加傾向が続いている。全国で確認された23日時点の重症者は430人で、1週間前の235人の1.8倍に増えた。 (C)時事通信社