アジア・サッカー連盟は23日、インドで開催中の女子のアジア・カップで1次リーグA組のインド代表が、新型コロナウイルスの陽性者が出た影響で棄権すると発表した。試合出場に必要な選手13人をそろえられず、23日の台湾戦が中止となった。大会は続行される。
 アジア・カップは2023年女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねている。日本は1次リーグC組。 (時事)(C)時事通信社