財務省は25日、全国財務局長会議を開き、全国を11地域に分けて直近3カ月の景気動向について点検した経済情勢報告をまとめた。消費や生産に持ち直しの動きがあるとして、東北、沖縄を除く9地域の景気判断を上方修正した。先行きについては、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の拡大や、原材料価格の動向などを念頭に「下振れリスクに十分注意する必要がある」と指摘した。
 全国の景気の総括判断は「緩やかに持ち直している」とし、2020年10月以来、5四半期ぶりに上方修正した。 (C)時事通信社