創価学会の池田大作名誉会長は、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受け、感染症対策を含めた国際協力を強化するルールの制定などを呼び掛ける平和提言をまとめた。26、27日に分けて正式発表する。
 池田氏は困難を抱える人のために自らが「支える手」となり「生きる喜び」を分かち合える社会を築く重要性を指摘。「パンデミック条約」のような感染症対策を含む国際ルールの早期制定を求めた。
 また、新型コロナの影響で教育の中断を余儀なくされたことを受け、国連の教育変革サミットで「子どもたちの幸福と教育のための行動計画」を採択するよう提言した。 (C)時事通信社