日本相撲協会は26日、陸奥部屋付きの鶴竜親方(元横綱)と別の部屋に所属する行司1人に新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。ともに発熱などの症状があり、抗原検査を受けた結果、陽性が判明した。
 鶴竜親方と陸奥部屋所属の協会員との間に濃厚接触はなかったと判断された。陽性となった行司が所属する部屋では、協会員を外出禁止とした上でPCR検査を実施する予定。 (C)時事通信社