【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は25日、全米で16~22日に新型コロナウイルスへの感染が判明した人の99.9%が変異株「オミクロン株」によるものだとする最新の推計を発表した。米国で初めてオミクロン株の感染確認が公表されたのは昨年12月1日で、2カ月弱でこれまで主流だったデルタ株から、ほぼ完全に置き換わったとみられる。
 米国ではオミクロン株の急速な拡大に伴い、パンデミック(世界的大流行)以降、最も急激に感染者数が増加した。CDCの集計によれば、今月中旬に1日当たりの新規感染者数の7日間平均は約80万人を記録。約25万人で過去最多だった昨年1月の3倍以上に増えた。
 一方、初期にオミクロン株が流行した北東部や中西部では、ピークを越えたもようだ。ニューヨーク州の1日当たり新規感染者数は今月初旬に9万人を超えていたが、24日には約1万2500人となった。
 しかし、全米の死者数は増加し、1日当たり約2000人(7日間平均)が亡くなっている。オミクロン株流行初期の12月初旬に比べ約2倍で、ファウチ国立アレルギー感染症研究所長は23日、ABCニュースに対し「ワクチン接種が十分でない地域では入院を伴う苦しみがもう少し続くかもしれない」と語った。 (C)時事通信社