日本医師会の中川俊男会長は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大で、保育所の休園などが相次いでいる事態を受け、保育士が濃厚接触者になった際は「ワクチン2回接種済みで、無症状、検査陰性の場合は待機期間のさらなる短縮を考えてはどうか」と述べた。休園が続き、保護者らが仕事に行けなくなるなど社会的な影響を考慮した。
 現在濃厚接触者と判断された場合、待機期間は10日間。保育士などエッセンシャルワーカーは最短6日目に検査で陰性が確認されれば勤務可能としている。 (C)時事通信社