岸田文雄首相は26日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種にモデルナ社製の活用を国民に呼び掛けるビデオメッセージを、ツイッターの首相官邸アカウントに投稿した。首相は「モデルナ社のワクチンなら長時間待たずに打てるところも多くある。ワクチンの種類よりもスピードを優先していただくようお願いする」と訴えた。
 1、2回目と異なるワクチンを打つ「交互接種」への不安から3回目もファイザー社製を希望する人が多く、接種が進まない原因との指摘がある。首相は「交互接種の安全性、効果は英国の研究でも確認されている」と強調。自身も「1、2回目はファイザー社を打ったが、3回目はモデルナ社を打つ」とアピールした。 (C)時事通信社