【ビジネスワイヤ】人工知能(AI)製薬技術の英エクセンシアは、オックスフォード大学のシャーロット・ディーン教授が、新設のバイオ医薬品AI担当主任科学者として加わったと発表した。同教授は、構造生物情報学教授として同大学のタンパク質情報学グループを率いている。エクセンシアでは、AI、機械学習、タンパク質構造設計を新薬候補の創薬・開発に適用していく。(C)時事通信社