新型コロナウイルス感染急拡大を受けた「まん延防止等重点措置」の適用が27日に34都道府県に拡大したことを受け、松野博一官房長官は同日の記者会見で「まずは既に実施している施策の効果を含め、今後の感染状況を最大限の警戒感を持って注視する」と述べた。
 また、国民に対して「改めてマスクの着用、手洗い、3密の回避など基本的感染防止策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社