【ニューデリー時事】インドの首都ニューデリーの行政当局は27日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大に伴って今月に入り実施していた週末の外出禁止措置を終了することを決めた。一時は2万人を超えた1日当たりの新規感染者数が、5000人程度まで減少したことを受けた措置。週末を含む夜間の外出禁止は継続する。 (C)時事通信社