【ロンドン時事】国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は27日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、来月の北京五輪には参加しないことを自身のツイッターで明らかにした。隔離中は五輪をテレビで視聴し、体調の回復と3月4日に開幕する北京パラリンピックの準備に努めるという。
 パーソンズ会長は「五輪に参加できず本当に残念。全ての選手、IOC(国際オリンピック委員会)、北京大会の幸運を祈る」とつづった。 (C)時事通信社