全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)は28日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用地域拡大を受け、オンライン会議で国への提言をまとめた。提言は「(変異株)『オミクロン株』による爆発的な感染の拡大に伴い、多くの地域で保健・医療体制が危機的な状況に陥りつつある」と明記。感染者・濃厚接触者の急増に対応するため、PCR検査の試薬や抗原検査キットの確保と安定供給などを訴えた。
 平井氏は会議の冒頭、「感染の様相が『デルタ株』までとは違う。オミクロン株特有の状況に即した対策を政府として速やかにつくっていただきたい」と強調した。 (C)時事通信社