緊張状態が続くウクライナ情勢をめぐり、ガルージン駐日ロシア大使は28日、北大西洋条約機構(NATO)による東欧の防衛力強化に関し「ロシアの安全保障上の利益を犠牲にして、自分の安全を構築したい考えを反映している」と批判した。札幌市内で記者団の取材に応じた。
 ウクライナ国境付近のロシア軍展開については「欧米の政府、マスコミが大騒ぎしている」と指摘。「NATOの東方拡大は、ロシアの安全に対する大きな脅威であることは明らか」と話した。 (C)時事通信社